頭皮全体に効くツボで抜け毛を止める

朝起きると、枕に抜け毛が多くなっている。シャンプー後、排水溝に落ちた抜け毛の東が気になる。ブラッシングすると、毛がいっぱい抜けている!

しかし、それらは気にしすぎなのかもしれません。約10万本あるといわれる頭髪は、毛根の底で新しい髪が作られ、毎日絶え間なく生え替わ
っています。そのため、一日に多いときでナント400~500本は抜けるといわれます。特にロングヘアの人は、30~40本抜けているだけでごっそり抜けたという印象をもつのかもしれません。

前述したようなことは、髪の生え替わりのサイクルとして抜けるのはふつうのことです。しかし、いつもより抜ける量が多いときは、頭皮や毛細血管が健康でないというサインです。十分な栄養が毛母細胞に届かず、髪がやせ、抜けていっているのです。

頭皮の血行をよくするツボで、生え替わりのサイクルを正常にしましょう。角孫は、耳の上の髪の生えぎわのあたりにあるツボ。耳を前に折ると、位置をみつけやすいでしょう。頭やうなじのこわばりをほぐし、頭全体を軽くします。そのほか、歯痛、耳鳴りや眼精疲労などの症状にも効果があります。

頭皮の血行をよくするツボ押しは、高温多湿の場所で行うと、発汗作用もあり一段と効果がアップします。身近な場所は、ご存知のお風呂。体全体が温まって血行がよくなるうえ、頭皮の毛穴が開いて、皮脂の汚れもとれやすくなります。湯船につかったときと、シャンプーをするときにツボを押せば、日中のツボ押しよりも、倍以上の効果が出ます。

毎日ヘッドスパに行っているのと同じ効果が得られるのです。

薄毛は、女性にも多い悩みです。毛の長さや量は変わらなくても、加齢によって髪の一本一本が細くなり、ハリやコシ、ボリュームがなくなることで髪全体が薄くなり地肌が透けて見えるようになります(びまん性脱毛症。男性の薄毛の原因の多くは、AGA【男性型脱毛症】)。

ヘアサイクルの早い時期に髪の成長が止まってしまい、緇くて短いうぶ毛が増え、太く長い健康な髪が減り、薄くなる状態です。額の生え際や頭頂部から薄くなるのが特徴で、成長期の髪が減って毛根が徐々に縮小していきます。男女関係なく、ストレスなどで男性ホルモンの分泌が高まり、AGAを引き起こすことがあります。

AGAの悩みをもっている人の大半が、薄毛になるにつれて皮脂の分泌量が多くなったと感じています。しかし、これは髪の毛が少なくなってきたために皮脂の分泌が多くなったと感じているにすぎません。

皮脂が毛穴を詰まらせるという考えはもう古く、髪の毛を何日も洗わない人は薄毛になるということもありません。ただ、あまり不衛生にしていると、皮脂にほこりや細菌がつきやすくなり、菌が繁殖すると毛根が炎症を起こします。炎症は頭皮の血行不良を引き起こして栄養素が毛根に届かなくなってしまい、薄毛になる可能性は十分に考えられます。

通天への刺激は、健康な髪の生え替わりを促し、頭皮の血行を改善します。また、毛髪のトラブル全体に効くツボで、ツヤ・コシも与えてくれる「美髪ツボ」ともいわれています。「通」は通る、「天」は体の高い位置にあることを示します。百会より斜め前に2ヵ所あるので、白髪が気になる人はいっしょに押すといいでしょう。シャンプー時に百会と通天を通るように、指の腹で円を描くようにマッサージします。

薄毛が気になってきたらハゲ解消の方法を詳しく見てみるのもいいかもしれません。ここのサイトはかなり詳しくハゲ解消について解説していますよ。⇒ はげてきた